パートやアルバイトでもキャッシングは可能?

キャッシングを利用するということは、いわゆるお金を借りることですが、金融会社からお金を借りるという条件に正社員であることやある程度の高い年収を求められるのではと懸念されている方もいることと思います。

もちろん、大金を借入しようと思ったらそのような条件を求められますが、少額のキャッシングを目的とした場合は、意外とその敷居は低くなっています。

特に大手消費者金融などは利用者の条件として「安定した収入がある方」と掲載していることが多いのですが、これにはパートやアルバイトの方、また契約社員の方なども該当します。そのため、毎月、一定かそれに近い収入があるかたについては殆どの消費者禁輸系キャッシングが利用可能となっています。

また、消費者金融がポピュラーなものになって随分と時間が経過しましたが、銀行もそれに対抗するようにより多くの顧客獲得のため、パート・アルバイトの方でも利用できる商品(プラン・カードローンなど)を用意するようになってきました。

フリーローンなどという名称で掲載しているものがそれにあたりますが、資金使途自由で原則保証人不要など、消費者金融とほとんど同じような条件であることも多いです。

ただ、消費者金融系と比較した場合、銀行系のほうがやや審査が厳しいといった声もあり、銀行では審査に通らなかったが消費者金融では審査に通った。という声も珍しくありません。

キャッシングの申し込みに収入証明は必要?

キャッシングを利用する際に、必要書類として上がるのが「収入証明」です。該当する書類としては源泉徴収票や、納税証明書、給与明細(直近2ヶ月分という例が多い)、確定申告書などがあります。

これらを即座に用意できる方はいいですが、奥さんには内緒でキャッシングしたい旦那様などはこれらの書類がどこに保管されているか分からないなどの理由から手出が難しい方もいらっしゃるかもしれません。

そこで収入証明不要の金融会社を利用するというわけですが、実はそんなに珍しい事ではありません。

消費者金融系のキャッシングでは、ほとんどが50万円以下の借入に対しては収入証明不要としていることが殆どです。ただし、2社以上にまたがって100万円を超えるキャッシング枠を利用するためには収入証明の提出が必要となりますので注意しましょう。

また、銀行系のキャッシングローンでは100万円や200万円といった大きな金額であっても収入証明不要という所もあります。ただし、他社借入や審査の状況によっては100%不要というわけではありませんので、申し込み時に年収などウソの記載を絶対にしてはいけません。


  • 最近のコメント

    • アーカイブ